日本食茶の会

ようこそNPO法人日本食茶の会のホームページへ

NPO法人日本食茶の会の基本姿勢は"安心、安全、安定"です。

 お茶を食べることの始めは、中国の神農が山野の植物が食べられるかどうか噛んで食べて判断し、毒にあたると茶の葉を食べて解毒したと云う故事で知られているところです。
 日本では平安、鎌倉時代に中国から茶は飲みものとして伝わり江戸時代には庶民の間では奈良の茶粥、出雲ぼてぼて茶、さらには抹茶を入れた茶蕎麦が食べられてきました。
茶は、生の茶葉あるいは粉末にして茶に含まれる機能成分を有効に活かすために食材として「飲む世界」から「食べる世界」へと広がりつつあります。
このようなニーズを受けて、新しい茶の文化と茶の利用方法の創出を通じて、食文化の向上と健康の増進はもとより、食の・安心・安全・安定、食育の向上、産業、経済の発展や自然環境の改善へ寄与することを目的として設立しました。

新着情報

2012-11-01
新規ホームページ公開しました。
2012-11-01
会員募集中です。お気軽にお問い合わせ下さい。